日本のために

井上太郎

「日本人よ、目を覚ませ。いつまでも下を向いたまま戦後を引きずっていくつもりか。靖国の英霊に対して恥ずかしくはないのか」。ここ最近で、こうした言説が普通に聞かれるようになった。この風潮の中、日本のことを真剣に考える機会が格 … 続きを読む

移民亡国論: 日本人のための日本国が消える!

三橋貴明

2014年3月、内閣府から「毎年20万人の移民を受け入れることで、今後100年間は人口の大幅減を避けられる」という試算が出された。これに伴い、東日本大震災の復興や2020年の東京オリンピックに向けて人手不足が生じている現 … 続きを読む

日本よ、世界の真ん中で咲き誇れ

安倍晋三、百田尚樹

内閣総理大臣・安倍晋三氏と小説家・百田尚樹氏による対談集。かねてから百田作品のファンだったという安倍氏と、雑誌「WiLL」に安倍再登板を望む論文を掲載していた百田氏。その両氏が「WiLL」の企画で二度にわたって対談を組み … 続きを読む

日本自立のためのプーチン最強講義

北野幸伯

2009年9月、ロシアのプーチン首相はメドベージェフ大統領により解任される。背後でアメリカの意向が動いた不当な更迭劇だったわけだが、行き場を失ったプーチンは政界引退を宣言し日本に亡命することを決意。大好きな柔道の国で悠々 … 続きを読む

間違いだらけの憲法改正論議

倉山満

昨年12月の総選挙で政権を奪回すると、続く参議院選挙でも圧勝した安倍自民党。これにより安定した政権運営が確実となり、安倍総理が総選挙前から訴え続けてきた「憲法改正」が現実味を帯びてきた。戦後レジームからの脱却を旗印に、そ … 続きを読む

国家の命運 安倍政権 奇跡のドキュメント

小川榮太郎

勝利するのは難しいと思われていた自民党総裁選を制し、解散総選挙圧勝をへて総理就任早々から経済・外交・震災復興を中心に国内外で大車輪の活躍を見せている安倍晋三を追ったドキュメント。総裁選前に出版された「約束の日」の第二弾。 … 続きを読む

戦後史の正体

孫崎享

日本の戦後史は、アメリカからの圧力を前提に考察しなければ、その本質が見えてこない――。米国による占領統治を経て現在に至るまで、歴代の総理大臣はどのように米国と対峙してきたのか。「対米従属路線」と「自主独立路線」、いずれか … 続きを読む

新しい国へ 美しい国へ 完全版

安倍晋三

昨年末の総選挙での大勝利を経て、6年ぶりとなる総理大臣就任を果たした安倍晋三の政治観を記した一冊。2006年の総理就任前に上梓された「美しい国へ」の増補であり、巻末には再登板にあっての決意表明と言える論文が掲載されている … 続きを読む

検察の罠

森ゆうこ

迂回献金を受けたとされる西松建設事件、そして土地登記の虚偽記載で告発された陸山会事件と、立て続けに糾弾された小沢一郎。その仕掛け人となったのが、東京地検特捜部をはじめとする日本の司法機関。マスコミを引き込んだ小沢バッシン … 続きを読む

政治家の殺し方

中田宏

横浜市の慢性的な財政改革、議会の馴れ合いの源となる市長の多選阻止などを掲げ、37歳の若さで市長に就任した中田宏氏。1期目より不要不急の手当の廃止、無駄に多い事業所の統廃合などを断行し、赤字財政を着実に黒字へと転換させてい … 続きを読む