学校では絶対に教えてくれない 僕たちの国家

三橋貴明

「国民が国家を意識しなくなっている」。自国の歴史をはじめ国旗や国歌を尊重することは当然であるということが世界の常識であるはずなのに、日本においてはかつてアジア各国を侵略したという例の自虐史観のもと、自国に誇りを持たせない … 続きを読む

2014年 世界連鎖破綻と日本経済に迫る危機

三橋貴明

「筆者にとって、2013年はデフレ脱却という希望がしぼんでいく1年であった」と、ため息混じりに論を進めていく三橋貴明氏。安倍政権発足後、アベノミクス第一の矢(金融政策)と第二の矢(財政政策)でようやく景気回復の緒が掴めた … 続きを読む

顔のない独裁者 「自由革命」「新自由主義」との戦い

さかき漣、三橋貴明

201X年、日中両国は尖閣諸島の領有権争いの末、「極東戦争」に突入。はじめは練度で勝る海上自衛隊の活躍により中国軍を撃退していた日本であったが、北朝鮮の参戦により戦局は次第に中国有利に傾く。日米安保条約を根拠にアメリカに … 続きを読む

「TPP参加」を即刻やめて「エネルギー安全保障」を強化せよ! 安倍総理「瑞穂の国の資本主義」への直言

三橋貴明

「瑞穂の国の資本主義」を旗印に、皇室を中心とした皆が助け合う伝統的な日本の姿を取り戻すべく、デフレ経済を終息させる決意を表明した安倍総理。それはつまり、ウォール街をはじめとした一部の人しか儲からないシステムのグローバリズ … 続きを読む

強い経済が強い日本をつくる

田母神俊雄、三橋貴明

「防衛費を増額すると平和憲法の理念に反し、また近隣諸国からの反発を招く」「日本は莫大な財政問題を抱えているから防衛費はむしろ減らしていくべきだ」など、現在の日本では経済と安全保障の密接な関係をまったく無視した亡国的な言説 … 続きを読む

ミャンマー 驚きの素顔 現地取材 アジア最後のフロンティア

三橋貴明

軍事政権から民政へと移行したことにより経済制裁が解除され、海外からの投資ラッシュに沸くミャンマー。欧米の制裁に追随し一時撤退していた日本からも、反日暴動のリスクがある中国の代替地として一気に注目を浴び、数々の日系企業の進 … 続きを読む

反動世代―日本の政治を取り戻す

森 健

リベラルを掲げれば左翼と罵られ、愛国を唱えるとネトウヨだと白眼視される。民主党政権時から安倍自民党政権へと移行した現在の日本において、論壇で活躍する言論人を右左どちらか一方にふるい分ける作業が行われるようになって久しい。 … 続きを読む

目覚めよ! 日本経済と国防の教科書

三橋貴明

長きにわたるデフレからの脱却、そして中国をはじめとする周辺諸国に対する安全保障を万全なものとするには、いまこそ防衛費を増額し「国防」に当たらねばならない。経済評論家の三橋貴明氏が、いまだ恒久平和を信じてやまない日本国民や … 続きを読む

アベノミクスで超大国日本が復活する!

三橋貴明

大胆な金融緩和、機動的な財政出動、民間投資を喚起する成長戦略という3本の矢を掲げ、株価上昇、円高是正と順調な滑り出しを見せているアベノミクス。また、つい最近の話では、国土強靱化法案が国会に提出され、公共投資を中心とした具 … 続きを読む

日本経済は、中国がなくてもまったく心配ない

三橋貴明

21世紀に入ってから猛烈な勢いで経済成長を続け、ついには日本を追い抜いて世界第二位の経済大国にのし上がった中国。だが、堅牢かつ継続的に見えた破竹の進撃は、実は虚偽にまみれた見せかけであり、世界制覇も時間の問題と思われた経 … 続きを読む